ブログ

本当に困った時は生活保護を受けよう。受け方をどこよりも分かり易く説明。もう大丈夫。

突然の失業や就職難、仕事はあるけど収入減。頼る家族も居ない時、家賃も払えないどころか今後の生活もままならない・・・そんな時はどうすれば良いのか。

今は仕事も収入も有り、そんな生活とは無縁だったとしても、この先いつ会社が倒産し、無職になってしまうかも知れません。でもそんな時は是非悲観せず、自暴自棄にならず、前向きに物事を考え、今までより良くなる方向へ自分を導いて行けるよう、ポジティブに行きましょう。どん底を経験した人は痛みを知った分絶対に強くなれます。

 

お困りの人
お困りの人
それで本当に生活に困った時はどうすれば良いの?
ろくみり
ろくみり
生活保護の受給申請をしましょう!!!

 

この記事では生活保護とは何か。実際どんな事を保護してくれるのか。生活保護の申請方法などを分かり易く紹介します。

生活保護とは。

生活保護制度は、生活に困窮する方に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長する事を目的としています。厚生労働省HP(生活保護 制度の趣旨より)

ろくみり
ろくみり
分かり易く言うと仕事もお金も無く、助けてくれる家族も居なくてどうしようも無い時に、最低限の生活を送れるよう金銭面など保障してくれる制度です。

 

もちろん事前に申請を出し承認された方のみ受けれる制度となっており、誰でも受けれる訳ではありませんのでご注意下さい!!

生活保護を受けれる人受けれない人。

それではどんな人が生活保護の対象になるのか、また生活保護を受けれない人とは。

保護を受けれる対象にある人

 

仕事はしているが収入が少なく生活が困難な人

仕事が無く求職中で金銭的な余裕が無い人

病気などで仕事が出来ない人

片親で子育が理由で定職に就けない人

高齢で働けず年金なども無い人

とにかく困っている人

 

保護を受けれない人とは。

 

仕事もしていて生活に余裕がある人

仕事はしていないが預貯金など金銭的に余裕がある人

仕事も無く預貯金も無いが援助してくれる家族が居る人

預貯金以外に(土地や車などの)財産がある人

ウソを付いて生活保護受給しようとしている人

特に困っていない人

 

 

ろくみり
ろくみり
表を見て分かるように現状で生活が困難と判断されれば誰でも受ける事が出来ます。

生活保護の申請方法。どこで申請するのか。

お困りの人
お困りの人
大体分かったんだけど、生活保護を受けるにはどこに行けば良いの?
ろくみり
ろくみり
それは、あなたの住む町(住民票をおいている市町村)の市役所(役場)で大丈夫です!役所の中に生活福祉課がありますので!

生活保護の手続きの流れ

1.先ずは相談から

各役所(役場)の生活福祉課を訪ねて生活保護の受給を考えたい旨を伝えて下さい。

担当者から改めて生活保護の説明やその他の制度についてのお話を聞いた後、あなたの状況に合う制度のご案内をして貰います。

ろくみり
ろくみり
相談の結果、生活保護を受給しなくても大丈夫との判断の場合は、別の制度についての提案等もしてくれます。

2.生活保護申請について

保護の申請をすると決定が出るまでの間、多少の審査(調査)が行われます。

お困りの人
お困りの人
え?審査ってちょっと怖いんですけど・・💦

ろくみり
ろくみり
安心して下さい。本当にお困りであれば何も問題ありません。稀にウソを付いて保護を受けようとする悪い人がいるので、それについての簡単な見極め作業です。

実際はどんな事を調べるのか

生活状況を確認する為の簡単な家庭訪問

預貯金や保険、株や不動産等の資産調査

身内や家族に援助して貰える人がいないか等

早期就労の可能性があるかどうか

お困りの人
お困りの人
あ、それなら大丈夫っぽい。全部クリアしてます(苦笑)

3.申請に必要な書類

申請にあたって必要な書類は特別ないですが、仕組みなどを分かって頂くために事前の相談は必須となります。

また、申請した後ですが上記にも記載しているように財産確認もあるので貯金通帳の写しや(仕事をしている場合は)給与明細の提出をお願いされる場合があります。

 

生活保護の受給金額は?家賃等も出して貰えるの?。

 

お困りの人
お困りの人
今住んでいる家賃が高くてしんどいんだけど全額出して貰えるのかな?

ろくみり
ろくみり
生活費もそうですが、家賃補助の場合も各市町村によって上限がありますので、上限を超えている場合はこちらから引っ越しをお願いする場合もあります。

 

1.保護費の支給について

基準に基づく最低生活費から収入(年金や就労収入等)を引いた額を保護費として毎月支給されます。※収入が最低生活費に満たない場合に、保護が適用されます。

生活保護の受給中は、収入の状況を毎月申告しなければいけません。

お住まいの地域の級地を確認[PDF形式:202KB]別ウィンドウで開く生活扶助基準額について[PDF形式:59KB] 厚生労働省HP『生活保護制度より』

お困りの人
お困りの人
基準額など見ようとしたけど表見た瞬間に頭痛が・・・
ろくみり
ろくみり
確かにややこしいですよね!役所で教えてくれるので今分からなくても大丈夫ですよ!

保護の種類と内容

以下のように、生活をする上で必要な各種費用に対応して扶助が支給されます。

生活を営む上で生じる費用 扶助の種類 支給内容
日常生活に必要な費用
(食費・被服費・光熱費等)
生活扶助 基準額は、(1)食費等の個人的費用

(2)光熱水費等の世帯共通費用を合算して算出。

特定の世帯には加算があります。(母子加算等)

アパート等の家賃 住宅扶助 定められた範囲内で実費を支給
義務教育を受けるために必要な学用品費 教育扶助 定められた基準額を支給
医療サービスの費用 医療扶助 費用は直接医療機関へ支払
(本人負担なし)
介護サービスの費用 介護扶助 費用は直接介護事業者へ支払
(本人負担なし)
出産費用 出産扶助 定められた範囲内で実費を支給
就労に必要な技能の修得等にかかる費用 生業扶助 定められた範囲内で実費を支給
葬祭費用 葬祭扶助 定められた範囲内で実費を支給

状況に応じて、福祉事務所のケースワーカーが年数回の訪問調査を行います。

就労の可能性のある方については、就労に向けた助言や指導を行います。

ろくみり
ろくみり
生活費や家賃以外にも通院費や学費、出産費用など色々な扶助がありますのでご安心下さい。

生活保護の受けれる期間は?仕事は出来るのか?

特に期間等はなく、もちろん仕事をしても構いません!

ろくみり
ろくみり
仕事が出来る方には安定した収入が得られるまでの繋ぎという形で受ける方も少なくありません。

期間は無いと書きましたが、仕事復帰し安定した収入(基準に基づく最低生活費)が得られるようになった時はケースワーカーに相談し先ずは生活保護の停止申請をしましょう。

ろくみり
ろくみり
生活保護を止める時には【廃止・停止・支給なし】と三段階に分かれます。
お困りの人
お困りの人
それぞれどう違うんですか?

生活保護の停止

生活保護の停止とは、実際に生活保護を止めても生活出来るのかを確認するための期間です。

就職して、安定した収入(基準に基づく最低生活費以上)を得られるようになった後でも、仕事が嫌で結局退職する可能性もあります。

そのために仕事を続けられるかの判断期間は生活保護を廃止せず、先ずは停止をして様子を見るためです。

ろくみり
ろくみり
余談ですが生活保護受給中の人が警察に逮捕され拘留中の場合も停止となります。

停止期間中は生活保護の廃止と同じで支給等はストップします。

廃止と違う点は最申請をした時の支給再開期間です。

生活保護を廃止した場合、一般の人と同様となるため再支給するためには申請後、再度調査期間が必要になります。(最大1カ月)

しかし、生活保護停止中は、申請後すぐに支給を再開できます。

お困りの人
お困りの人
それならずっと停止にしとけば・・・

ろくみり
ろくみり
それは出来ません!!停止期間は6カ月でそれまでに申請が無ければ廃止となります。

※生活保護が停止になる場合は停止通知書が発行されます。

生活保護の廃止

生活保護の廃止とは、生活保護受給者ではなくなり一般の人と同じ生活に戻ることです。

もちろん全ての受給は無くなり、福祉事務所との関係も無くなります。

例外)死亡した場合や逮捕後、禁固刑以上になった場合も生活保護は廃止となります。

※生活保護が廃止になる場合は廃止通知書が発行されます。

支給なし

支給なしとは月々の支給は無くなりますが、生活保護は受給中の状態をいいます。

お困りの人
お困りの人
????

 

ろくみり
ろくみり
月々支給されてた以上の収入は得れるようになっても医療扶助などが支給されるケースがこの支給なしにあたります。

生活保護まとめ

お困りだった人
お困りだった人
色々と勉強になりました!!とりあえず今は生活が苦しいので先ずは市役所へ生活保護受給の相談へ行って来ます!!

 

ろくみり
ろくみり
はい😊数年前、芸能人の生活保護絡みであまり良くないニュースが流れ、この生活保護という制度がまるで=悪 のような取り扱いをされましたが決してそうではなく本当に困ってる人への救済措置となるべく大切な制度なのです!

 

警視庁HP【自殺者の状況】より

 

年々経済や生活が原因での自殺者数は減少傾向になっています。出来ればこのまま減少を辿って行きたい所です。

今回の記事で一人でも多くの方がこの生活保護という制度を知り、万が一の時に近くの友人や知人の一助となれば幸いです。

ありがとうございました。