不動産

部屋探しで損しない為の3つの注意点!!

部屋探しの注意点

賃貸で部屋を契約した時、不動産屋の言われるまま契約をしてしまうと知らない内に色々損をしてるって事、知っていますか?

業界関係者が友達や身内にいる方はそんな心配は無いでしょうが、中々都合よくそんな事ってないですよね。

今回の記事では、

知らないと『火災保険で損をしてしまう。』

知らないと『引っ越し業者で損をしてしまう。』

知らないと『インターネット回線選びで損をしてしまう。』

以上の3つの知らないと損をしてしまう事柄について話をします。

火災保険

火災保険の注意店

賃貸契約時に必ずと言っていい程、付随してくる火災保険ですが賃貸業者が勧めてくる保険金額は大体2万円(2年契約の場合)前後の金額となってます。正直高いですよね。

 

【問題】・・何故か?

【答え】不動産会社または担当営業マンに歩合給が入る為

 

そうなんです、勧められるまま入ってしまうと何%か営業マンの歩合となっているのです。

 

【対策】・・どうすれば良いか?

【答え】自身で保険会社を調べて火災保険に加入する事。

 

これが一番費用を抑える方法です。

初期費用の金額明細書を見せて貰った時に『火災保険は自分の方で探して加入します!』と言いましょう。

もし、『そんなズバッと言えない。』という方は『知り合いの保険会社の所で加入したいんですがいいですか?』と言ってしまえばOKです😊

そうする事でほとんどの担当者は、

営業マン
営業マン
分かりました。では、契約時までに加入の証明書を提出して下さい。

 

と、こんな感じで終わるのですが、極稀にこんな事を言って来る担当がいるでしょう、、

営業マン
営業マン
こちらの物件は必ずこの火災保険に入ってください!

と、2万円もする火災保険を半ば強制的に勧めて来る営業マン。

 

これ実は【独占禁止法】に抵触します。

※独占禁止法第十九条
事業者は、不公正な取引方法を用いてはならない。

なのでもし、上に書いたような半ば強制的に高い火災保険を勧めて来た場合は、『それって独占禁止法』に該当しないんですか?と、聞いてみて下さい。

 

恐らく『家主に確認しますね。』とどこかに電話を掛けその後、

営業マン
営業マン
分かりました。では、契約時までに加入の証明書を提出して下さい。

 

と、なるはずです。

ただし、入居審査が通る前に火災保険の話をし、営業マンの勧める火災保険を強引に断ると、後々に『審査落ちました。』と、入居自体断られる事も考えられます。

理想としては入居審査の承認が降りてから決済金額の話をするのをおすすめします。

 

でもって、『安く抑えたいけど一体どこの保険屋さんが良いんだろう?』という方に

参考程度ですが【こくみん共済】で賃貸物件の火災保険を1年加入した場合。

約5,500円でした。

火災保険

【こくみん共済】HPへ

他にも色々な保険会社で火災保険の取り扱いがあるはずなので、料金帯など事前に調べておくのが良いでしょう。

引っ越し業者

引っ越し業者の注意点

部屋の申し込みが終わったあと、引っ越しに向けて準備をすすめるのですがその時に引っ越し屋さんのお世話になる方も多いと思います。

そこで営業マンから、、

営業マン
営業マン
良ければ引っ越し業者紹介します!僕らからの紹介の場合は紹介割引で30%程料金が安くなります!

という感じで声掛けされるはずです。

何も知らないとつい、

『引っ越し業者を探す手間も省けて更に安くなるのなら是非!』と、お願いしがちですが、

これはやはり損する案件なので費用を少しでも抑えたいのであれば自身で引っ越し業者さんへ電話を掛け、見積もりに来て貰って下さい。

 

【問題】・・何故損するのか?

【答え】  引っ越し業者さんは不動産屋に紹介を貰う事によって、契約が決まった時は紹介料を不動産屋に支払うのです。

【もっと分かり易く】

ようは不動産屋の言う『30%割引で引越し代金を安く出来ますよ』と言うのは嘘で、本当は【仲介業者を通すことによって引っ越し代金が30%位は上乗せして請求されているのです!!】

 

【対策】・・どうすれば良いか?

【答え】少しでも安くするのであれば手間は掛かりますが、自身で何社か見積もりを取り、その中から丁寧で安くしてくれる業者さんを選ぶのが1番です!

 

もし、何件も電話を掛けるのが面倒な方はインターネットなどで【引っ越し一括見積もり】などのサイトを利用するのも良いかもしれません。

引っ越し一括見積

ズバット引越し比較のHPへ

※もちろんこの他にも色々なサイトがあると思います。

 

一括見積サイトを利用の場合一つ気を付けて欲しいのが、

最大10社より電話が掛かってきます!!

業者はどこも使って欲しくて必死な為、電話がたくさん鳴ってきますのでそのことを心積もりしといて下さいませ😊笑

インターネット回線業者。

インターネット業者の注意点

そして最後がインターネット回線業者の話。

勘の良い方はもうお分かりかと思いますが、やはり賃貸契約の際 営業マンの方からこんな一言があります。

営業マン
営業マン
インターネット業者さんよりサービスのご案内がありますので、もしインターネットを利用される場合は、聞いといてくださいね♬

 

 

・・・でた!!!

 

火災保険や引っ越し業者さんでもう勉強しましたね😊笑

そうです、ここにも営業マンのお小遣い稼ぎチャンス!!があるのです。

何にも知らないと『あ~、自分で探す手間省けて助かった~😊』何て思っちゃいますからね。

ご自身で家電量販店やインターネット検索をしてインターネット回線の申し込みをして下さい!!

・欲しかった家電が安く買えたり

・キャッシュバックキャンペーン中でお金が貰えたり

・何カ月かインターネットが無料で使えたり

など、様々な恩恵が受けれます。これを営業マンに言われたまま掛かってきた電話でお願いしようものなら、、

 

貴方の取り分・・・0(何も無し)

 

仲介業者の営業マン・・・ウハウハ😀♬

営業マン
営業マン
(アザー―――――ス♬♬)

 

なんて事になってしましますのでご注意下さい!

電話が掛かってきて『結構です。』とハッキリ断れなくても、『またお願いする時は電話させて貰いますね。』的な感じで適当に受け流すだけで良いので、どうか負けないで下さい!!

知らないと損をしてしまう事。まとめ

部屋探しで損しない為の注意点

このように一つの賃貸契約を結ぶまでに様々な営業マンのお小遣い稼ぎチャンスが転がっているのかがお分かり頂けましたでしょうか。

 

『担当の人が凄い頑張ってくれたからそんなの全然良いよ😊』と、思って貰えるのならそれは営業マンにとってこれ以上嬉しいことはないでしょう。

 

でもね。。ちょっと考えて下さい・・・

本来もっと安く契約できる方法があるのに、

 

あ・え・て

 

自分のお給料を少しでも多く貰いたいが為に契約を勧められてしまってるって事に気づいて下さい!!

 

それでも貴方は、『うん良いよ😊』・・なんて言えますか??・・