不動産

現役不動産屋/店長が裏話を交え、絶対に失敗しないお部屋探し。~賃貸選びの重視点編~

こんにちは、ろくみりです。

今回はお部屋探しの際に【優先される条件】の順位と、
入居後の【賃貸住宅で不満に思う点】についてお話します。

両方の順位が同じであれば、皆さんが同じ事を思っているという事なので気に留める事も無いのですが、面白い事に入居前と入居後で条件の順位変わってくるので是非 お部屋を探す際の参考にして下さい!

先ずはお部屋探しの際に【優先される条件】

第一位【間取り】79%

第二位【トイレと洗面所脱衣などの分離】59.2%

第三位【部屋の数】56.6%

第四位【駐車場(台数、駐車場までの距離)】56%

第五位【収納量】55.6%

第六位【防音(上下の音や隣の家の音)】50.2%

第七位【採光】49.2%

以上に対し、

入居後【賃貸住宅で不満に思う点】

第一位【防音(上下の音や隣の家の音)】38.4%

第二位【収納量】34.2%

第三位【キッチン(大きさや配置】26.2%

第四位【収納の配置や使い勝手】22.6%

第五位【テラスや庭】21.2%

第六位【内装(インテリア・デザイン)】19.8%

第七位【間取り】19%

以上のようになっています。
「2011賃貸住宅の入居者ニーズ実態調査」についてより

まとめ

以上のことから分かるように、お部屋を探す段階では優先順位の低い【防音について】が、

入居後の不満点では堂々の一位となっています。

(体験談)僕が普段営業をしていて感じている事ですが初めてお部屋探しをされてる方は、やはり間取りや、綺麗さ等が優先順位の上位で探していて、既に賃貸物件にお住まいの方で特にアパートやハイツにお住まいの方は必ずと言っていいほど【防音】を気にされています。

又、近隣トラブルで多いのが【音のトラブル】等の苦情となっています。

アパートやハイツに比べるとマンションタイプの方がお家賃は高くなりますが、
築年数の浅く綺麗なハイツを選ぶ位お家賃が出せるのであれば、

多少築年数が経っていてもマンションタイプを選ばれる方が絶対に入居してからの満足度は高いでしょう!! 部屋の内装はインテリア等で自分好みにしてしまえば何とでもカバーできますが、防音はカバーのしようがありませんので、お部屋探しをする時は本当に気を付けて下さい。


綺麗なだけのお部屋に決して惑わされないで!

本日は以上となります。有難うございました。