不動産

現役不動産屋/店長が裏話を交え、絶対に失敗しないお部屋探し。~解約時編~

~失敗しない為のお部屋探し。事前に知って気をつけたい所~

今回は【解約時に気を付けたい事】をお話しします。

 

  • 解約通知を出す所、または出すタイミングについて
  • 解約時、カギを返すまでにしておく事

今回は上記2点となります。
契約時に『重要事項説明書』にて説明を受ける内容ですが、長々とした説明であまり頭に入らなく、後々聞かれる事が多いので簡単にご説明いたします。

 

解約通知を出す所、または解約通知を出すタイミングについて。

・解約通知を出す所は≪管理会社≫です。

お部屋を契約した仲介店に伝えても聞いてくれて、仲介店から管理会社に解約の旨を伝えてくれる場合もありますが。
担当者がいい加減だとそのまま放置され解約通知が管理会社に届かずにトラブル。になり兼ねません。直接≪管理会社≫に解約通知は出すようして下さい。

※その際は絶対に口頭で行わず(相手方が聞いてくれたとしても)、書面にて解約通知を提出しましょう。

トラブルで一番多い内容は『言った。』や『聞いてない。』等の水掛け論です。

 

解約通知の提出のしかたは管理会社によって違うかもしれませんが、一般的には【FAXまたはハガキ】にて提出。となります。
※送った後は念のために管理会社に電話を掛け、受理して貰えてるか確認をしておくのが間違いないでしょう。 経験上、大きな管理会社はある程度信用も出来ますが、いい加減な管理会社が割りと多いのも現状です。

次に解約通知を出すタイミングですが、物件によって様々ですが基本的には【1か月前予告】となっているはずです。稀に【2か月前予告】等もありますのでご注意下さい。※契約書の解約の条文を参照ください。もし契約書を紛失してしまってる場合は≪管理会社≫に電話をし、確認して下さい。

その際に【退去時は月割りか日割りで退去可能か】も一緒に確認しておくことをお勧めします。
大体は【月割り】での解約。となっていますが、【日割りで解約可】の所も割とあります。

さて、【1か月前予告】【月割り】か、の説明です



【1か月前予告】・・解約通知を出した次の月までの家賃が発生。退去時はいつ退去しても【日割り】にならず【月割り】となります。※1か月分の家賃が全てかかる。

例)1月3日に解約通知をだした場合⇒2月分の家賃まで支払う必要あり。
  1月30日の解約通知をだした場合でも同じく2月分の家賃まで支払う必要あり。

【2か月前予告】・・解約を出した2か月先までの家賃が発生。
例)1月3日の場合⇒3月分の家賃まで支払う必要あり。

日割りで解約できる場合】・・解約通知を出してから1か月先までの家賃が必要で、それ以降は解約する日までの日割りで解約可能


例)1月3日に解約通知を提出⇒2月3日までは必ず家賃が必要で、それ以降は日割りで清算可能です。

以上の点を解約通知を出す際は気を付けましょう。
分からない時は≪管理会社≫に電話をし事前に確認しておきましょう。

 

解約時、カギを返すまでにしておく事

次に気を付けたいのはこちら。
解約通知を出し、カギを返すまでにしておきたい事。ですが、
一言で言うと『キレイに掃除をしてカギを返しましょう。』です。

荷物を全てお部屋から出した状態で最終、管理会社の担当と【解約立ち合い】を行います。

何かと言えば、どこか壊している所はないか壁紙(クロス)はキレイか。等を一緒に最終点検をする事です。
その際にお部屋が掃除していない状態であれば【ハウスクリーニング費】を請求される場合がございます。
もったいないので必ずお掃除をして【解約立ち合い】を行って下さい。
また、掃除をしているしていないに拘わらず退去時にハウスクリーニング費が必要な場合がございます。【契約書の特約事項等】の所をご確認下さいませ。※請求される場合は特約事項や重要事項説明書に必ず記載しています。 記載がない場合は汚してしまった箇所のみの請求がなされます。

【解約立ち合い】は対、人で行いますのでキレイにしてお返しするのと、汚れた状態でカギを返すのとでは印象が違ってきます。少しでも無駄なお金を払いたくないので、必ずお掃除をして【解約立ち合い】をしましょう!

本日の【解約時に気をつけたい事】は以上となります。

有難うございました。